自転は加速している

大学生のお勉強用

松方財政

松方正義が大蔵卿に就任する以前はインフレが問題になっていた

※インフレ発生の理由…西南戦争の戦費調達のための不換紙幣の発行

因に、このインフレは農民などの生産者にとっては生産物が高く売れるし、定額の地租は実質安くなるので歓迎された⇔政府にとっては実質的に税収が落ち込むので。。。。。。。

 

松方がインフレ収集のため

1、歳入を増やす

2、歳出を減らす。そして市中の不換紙幣を買い入れる

を行います

 

 

まず1について

 

∇地租以外の税の増税(酒とタバコ)・新設(醤油)・復活(菓子)

なぜ地租以外かというと。。。農民一揆で税率を下げた地租をまた上げることは不可能に近かったから

これらの製品は当時の日本の代表的工業製品であった

 

∇官業の民営化

政商に対して官業の払い下げを行った

→売却益が歳入になると同時に、払い下げ以前はかかっていた運転資金がかからなくなる

 

2について

∇1882年日本銀行設立、兌換紙幣の発行開始

 1883年には国立銀行条例を改正して市中の銀行に紙幣の発行をやめさせる(普通銀行化)

 

 

こうして。。。

市中の貨幣量が減少、貨幣価値が相対的に上がって物価が下がるデフレに

(このデフレは長期化し、金利の低下をもたらした。そして金利低下がまとまった資金を集めやすく借りやすくし、第一次企業勃興へとつながる。。。)

 

 

ブレトンウッズ体制

1944年、アメリカのブレトンウッズにて行われた連合国の会議で決まった第二次世界大戦後の国際通貨体制

これはアメリカのホワイトの案を基に作成された。特徴として以下が挙げれる

・戦後予想されたアメリカの圧倒的経済優位を基礎に合衆国ドルを唯一の基軸通貨とした

IMFの下で各国通貨はドルと固定相場で結びつけられ国際通貨の安定と多角的決済システムが保証された

・↑つまり、各国の個別の為替管理には制約が付けられた

・戦災国に対する復興資金の供給を目的に世界銀行を設立→後に、発展途上国に対する資金供給が主な役割に

・関税や各種貿易障害の撤廃を求めてGATTを結ぶ(加盟国同士の一般的最恵国待遇が取り決められる)

 

このブレトンウッズ体制は1971年のドル危機によって終焉を迎えます。。。

ドル危機=基軸通貨合衆国ドルに対する信用不安

ニクソン大統領がドルと金の交換停止・輸入課税新設の新経済政策を一方的に発表(ニクソンショック

→ブレトンウッズ体制の崩壊

 

ドル危機の背景には、

1、戦後直後のアメリカの圧倒的経済優位が、ヨーロッパと日本の経済復興によって相対的に失われる

2、世界に進出した米国系多国籍企業は現地の企業活動による利潤をアメリカに還流させないことによってドルを世界に拡散していたという状況

3、アメリカ政府は、60年代のベトナム戦争・「偉大な社会」を目指した福祉政策などに対して膨大な出費を負っていた状況

戦時計画経済

WW1時、交戦各国は総力戦を続けるため国民経済を組織化した。その際の、軍需物資を増強し、効率的に兵士と物資を前線に送るための体制を戦時計画経済という。

戦争によって、自由放任の資本主義から計画的な組織化に移行した

 

各国の戦時計画経済を見ていくと。。。

・ドイツ

陸軍省に設置された「戦時原料局」を中心に、金属・化学・繊維なその産業部門は個別に「戦時経済会社」を設置

→在庫の一元的管理、輸出入の管理、原材料の配分など統制が可能に

…19c末からカルテル化や企業集中が進行していたので組織化が容易に進んだ

 

・イギリス

1915年マッケナ関税法…自動車、時計、楽器などに高関税を課し、資源の効率的配分を意図

1916年軍需法…賃金統制、労働力移動規制、民間企業の利潤制限、企業間競争の排除が進行

 

また、イギリスは海運業の覇権を活かして、連合国全体の船舶配分や管理、護送船団方式の物資輸送も行った

有用な知識

「有用な知識(useful knowledge)」とは、J.モキアが展開する西欧世界の特有性についての議論である。

彼は19cの工業化に先立つ、啓蒙時代の知的世界の大きな変化を重視した。

つまり、大学・出版業・職業的科学などの様々な制度を含む社会的ネットワークが整ったことで、「知識」が社会に単に存在するだけでなく実際に用いられるようになった。そしてそのことは、西欧の特異点だと主張した。

 

経済的後進性仮説

A.ガーシェンクロンが唱えた、後発国の工業化の過程における歴史的特殊性に関する仮説。 

【送料無料】 経済後進性の史的展望 / アレクサンダー・ガーシェンクロン 【本】

価格:5,940円
(2017/8/26 16:58時点)

詳しくはこの本の中で述べられているので、もっと知りたい方は購入してみましょう。(購入は商品リンクからできますよ!)

 

この本の中で、以下の7点を後発国の特徴として挙げている。

1、後進国の工業化の速度は一般に先進国のそれよりも早い

2、後進国では、工業化の初期段階から大規模な重工業が導入され工業全体の成長をリードする

3、産業経営がはやくから大規模な形態で出現し、特定企業・団体による独占形成も早期から起こる

4、住民の消費水準はより抑圧される

5、工業化を推し進めるイデオロギーないし理念が、イギリス的合理主義や経済主義ではなく、ナショナリズム社会主義である

6、農業の役割がより小さい

7、資本を供給し工業化を促進するための特別な制度・組織の役割が大きい

 

 

大分岐(大いなる分岐)

『多いなる分岐』「大分岐」は、カリフォルニア学派に属するK.ポメランツが提唱した論である。

この論が発表される以前は、なぜ産業革命がヨーロッパで起きたのかという疑問に対して、ヨーロッパと他のアジアやアフリカなどの地域との経済的な差(分岐)が産業革命が始まる以前から存在していたという論(=ヨーロッパの独自性を時間的に遡らせようとする)が優勢であった。このヨーロッパ中心主義的な傾向をポメランツは批判している。因に、このヨーロッパ中心主義には、ウォーラーステインも含まれると彼は指摘している。

この論曰く、18cまで西ヨーロッパもアジアも極めて似通った経済の発展を辿ってきており、両地域の「大いなる分岐」は石炭を利用した「産業革命」が発生した1750年代以降に生じた。

18c以前は、西ヨーロッパの中核地域において市場の発展やプロト工業化が見られたのに対し、アジアの中核地域でも同様に商業化や工業化の前兆が見られた。

それにも関わらずヨーロッパのみが近代化した理由は、石炭資源の利用のしやすさという偶発的な自然条件と、新大陸をはじめとする海外植民地を持っていることによる資源・市場の確保にある。

 

「歴史入門」要約

エステ・脱毛・フェイシャルのエルセーヌ

今回はフェルナン・ブローデルの「歴史入門」の要点をまとめていきます😮

薄い本なので、歴史学を学ぼうとする方はその名の通り入門書のような感覚ではじめに読んでみるといいかもしれませんね📚

(ただ、15〜18世紀の背景知識を有していないと内容を理解することは難しい気がします。なので、1巡目はさらっと斜め読みをして、歴史の概観を掴むような感覚で読んだ方がいいと思います)

  

歴史入門 (中公文庫) [ フェルナン・ブローデル ]

価格:864円
(2017/8/15 19:39時点)
感想(2件)

 

 

 第一章 物質生活と経済生活の再考

人口のメカニズムは18世紀に天井を突き破る以前は、病気等による減少と増加を繰り返しながらもバランスを保っていた(マルサスの罠)。それ以降は、増加の一途。

1400から1800にかけてのアンシャンレジームの時代においては、交換経済は非常に不安定だった。だって生産の大部分は、家族ないし村落内の自家消費の中に吸収されて市場循環の中に入ってなかったから。

市は交換の機会を生む。小売店は商品を信用で仕入れ、信用で売り、こうして債務と債券の連続が生まれる

この交換の初歩的経済単位の上に、大市と取引所が誕生する

一方で、完全に交換経済とは無縁のままであり続けた固有の空間(自家消費してる空間)が存在し続けた

 

ヨーロッパ外にも、ヨーロッパと同じような交換経済の誕生を見ることができる

・中国…組織化された市

 一つの都市の周りに6〜10個の村があり、人が行き来して商業を行う(フランスでカントンと呼ばれている方式)

 →この毛細血管のような経済循環のせいで資本主義が中国で発達しなかった

 

 

第二章 市場経済と資本主義

資本主義と市場経済は別物。前者は15〜18cに進行した社会の積極的加担によって成立する経済活動。 後者の本質は生産と消費を仲介するものであり、下に広がる日常生活と上から浸食してくる資本主義に挟まれた領域。

15〜18cに市場経済は広がりをみせ、世界経済全体は緩く繋がった

資本とは、利用可能な、または、既に利用された労働の成果。家も小麦も資本であるが、使われずに金庫にしまわれた貨幣は資本とは言えない。

資本主義と国家は別物であるが、それらが一体化するときに栄える

資本主義が大きくになるにつれ、社会的階層が高い者が資本主義に寄生するようになった

資本主義は階層を必要とする

 

!中国とイスラム社会ではこれが異なる!

中国はヨーロッパと比べて社会的移動性が大きかった→科挙に受かれば寒門でも高官になれて、その地位は一代限り

つまり、世代を超えて財が受け継がれ難く、資本主義が発展しない

イスラムでは、土地所有は君主の権限。つまり、民の土地所有は一時的なもので、ずっと土地を持つ高い地位の一族が生まれなかった

 

 

第三章 世界経済

世界経済=世界市場

「世界=経済」=地球のある一部分だけの経済範囲。特徴は、ある与えられた空間を占める。一つの世界に一つの(経済的な)中心を持つ。いくつかの連続した地域に分かれる。

連続した地域とは、経済の中心地域と、その中心に対する中間地帯と、周辺地域である。周辺の生活は支配された奴隷のようであり、中心は自由である。(この論はウォーラーステインと概ね同じであるが、ウォーラーステインはヨーロッパ以外に世界=経済は存在しないとしていた)

ヨーロッパ世界において中心は移動していき、今はニューヨークにある

この世界=経済の考え方では、奴隷制農奴制、資本主義が同時に存在する(例えば、西洋が中心、東洋が中間地帯、アメリカやアジアアフリカが周辺)

国民経済とは、国家によって統合された政治空間であり、活動全体が同じ方向を向いている。イギリスだけが早くこの空間を形成した。そして外国資本主義の干渉から逃れて、保護貿易政策をとり経済的な優位を確立していく。

現代の資本主義は増大した基本交換と財源に応じて、大きくなった。その基本的根拠は以下の三点。

・資本主義は国際的な資源と機会の搾取の上に成立した世界規模なものであること

・資本主義は合法的ないし事実的な独占に依存している

・資本主義はそれ自体の中に経済活動の全てを取り込むことはできない

ゆえに、筆者は以下の自説の正当性を確信する

「資本主義は頂点を目指した経済活動から生まれる。物質生活と市場経済の2つの層の上にある高利潤の層である。」

 

 

面白かったらこちらからどうぞ↓

歴史入門 (中公文庫) [ フェルナン・ブローデル ]

価格:864円
(2017/8/16 20:54時点)
感想(2件)